白髪の改善と中国情報

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://shanghai.areablog.jp/gray-hair

中国の全人代開催

中国の国会に相当する全人代が、本日から3/20までの16日間の日程で開催されました。

最大の議題は憲法の改正で、国家主席に関する2期10年までという規制を撤廃することです。

中国では、早速、SNSにこの憲法改悪を揶揄する動画(車がバックしたり、病院やスーパーで

ストレッチャーやかご台車がバックしたり)などがアップされています(すぐに削除されて

いますが・・・)。

歴史に逆行する事に対する危機がこの様な形で反応しているといえます。

そもそも、どうしてこのような規制が憲法に規定されたのかというと、毛沢東の独裁体制による

過ちを繰り返さない為でした。

振り返ってみますと、以下の様な歴史がありました。

@1958年〜1961年に実施された「大躍進政策」
  毛沢東が数年間で経済的にアメリカ合衆国やイギリスを追い越すことを夢見て実施した
  農業と工業の大増産政策。
  結果は、過大なノルマによる経済の大混乱を招き、数千万人の餓死者(3000万人とも
  4000万人ともいわれる)を出す大失敗に終わる。
  毛沢東は生涯でただ一度の自己批判を行って、国家主席を辞任。
  その後は中国共産党中央委員会主席毛沢東に代わって、党中央委員会副主席兼 国家主席
  劉少奇・ケ小平共産党総書記が実権を握る。

A1966年〜1976年に実施された「文化大革命」
  劉少奇・ケ小平が、混乱した経済の立て直しを目的に市場経済を部分的に導入し回復しつつ
  あった。
  しかし、権力を奪われる恐れを感じた毛沢東は、この政策を「共産主義を資本主義的に
  修正するもの」として批判。
  悪評高い「文化大革命」で権力の奪還を図る。
  その結果、西側の研究機関やメディアでは「死者数百万人から数千万人」と推測され、
  中国共産党第11期中央委員会第3回全体会議(第11期3中全会)でさえ「文革時の死者
  40万人、被害者1億人」と推計されたほどの大混乱が、1976年に毛沢東が死ぬまで続く
  こととなった。

B毛沢東の死後、ケ小平は、1977年7月の第10期3中全会において、党副主席、国務院常務
  副総理、中央軍事委員会副主席兼人民解放軍総参謀長に正式に復帰。
  ケ小平が実権を掌握した後に制定された82憲法(1982制定)で、国家主席・副主席の
  2期10年の規定(第79条第三項)が実現。
  これは、毛沢東独裁という負の遺産を受け、長期政権による独裁・腐敗を避けるための
  規定と言える。

実務家であり優秀な指導者でもあったケ小平が、自らが経験してきた歴史を振り返り、

中国の将来に再び独裁の悪夢を蘇らせないために打った一手だといえます。

「毛沢東を信奉し、自ら毛沢東とならん」という国家指導者を得ることになろうとは、

思いもよらなかったのではないでしょうか。

「独裁者というゾンビが蘇ることのないように、手を打ったはずだったのだが・・・」

という所でしょうか。


中国 独裁 82憲法 憲法改正 全人代 習近平 ケ小平 毛沢東
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://shanghai.areablog.jp/blog/1000027726/p11715931c.html
中国・上海 | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

同じ思いです。
中国の民は10数億人とか・・・・・そのうちの数千万人の民が亡くなっても10数億人が生きている。

金沢[ まじめな社長 ] 2018/03/16 10:40:30 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
中国の全人代閉幕
習独裁への着実な歩み
習体制、2期目スタート
  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
白髪の紳士イメージ
白髪の紳士
プロフィール公開中 プロフィール
中国の思い出と現状
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 20 336971
コメント 0 360
お気に入り 0 14

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

キーワード

中国 独裁体制 憲法改正 全人代 習近平 王岐山 機構改革 覇権主義 官僚の粛清| 中国 独裁 82憲法 憲法改正 全人代 習近平 ケ小平 毛沢東| 中国 独裁体制 憲法改正 三中全会 全人代 習近平 王岐山| 中国 共産党 独裁 政治局常務委員| 中国 共産党 人事| 中国 北戴河会議 習近平 指導体制 一党独裁| 中国 ノーベル平和賞 劉暁波 劉少奇 毛沢東 大躍進政策| 中国 北朝鮮 アメリカ 韓国大統領 朝鮮問題| 中国 米中首脳会談 北朝鮮 朝鮮有事| 中国 アメリカ 北朝鮮 トランプ政権 権力闘争 暗殺 核ミサイル 化学兵器| AIIB 経験不足 人材不足| 新年 中国 課題 日中関係 米中関係 トランプ政権| 中国 金融政策 トランプ政権 トランプ相場 外貨準備減少 人民元暴落| 中国 六中全会 核心 政治局常務委員 定年制| 中国 香港 立法会議員選挙 親中派 民主派 本土派 雨傘運動| 中国 愛国無罪 愚か者 南シナ海 東シナ海 ネット民| 中国 南シナ海 ポケモンGO ハーグ仲裁裁判所 治安維持法| 中国 仲裁裁判所 裁定 全面敗訴 フィリピン 国際社会 孤立| 中国 文化大革命 毛沢東 個人独裁 個人崇拝| 中国 公害 環境汚染 NGO 統制| 中国 常州市 汚染 土壌汚染 権力闘争| 中国 上海 ブラックアウト 不正蓄財 資産隠し 党首脳 高級官僚| 中国 華裔カード 移民 富裕層 経済不安| 中国 全人代 構造改革 国有企業 権力闘争 利権| 台湾 総統選挙 民進党圧勝 アイデンティティー 中国| 中国 爆買い 日中関係 偏向教育| 中国 IMF SDR 人民銀行 金融改革 資金流失| 中国 出産 国家管理 一人っ子政策 二人っ子政策| 中国 上海 LCC マナー| 中国 GDP 経済減速 統計の信頼性|

中国へのご旅行や出張で便利に使えるカード、「三井住友銀聯(ぎんれん)カード」!
中国へのご旅行や出張で便利に使えるカード、「三井住友銀聯(ぎんれん)カード」!
クレジットカードのお申し込みは三井住友VISAカード
クレジットカードのお申し込みは三井住友VISAカード